八幡一番街商店会について

八幡一番街は、ここ千葉県市川市八幡に、終戦後通り面の水路に橋のように板を渡し、自然発生的に店が出来ていったのが始まりです。その後食料品販売の地元メッカ的な「ショッピングセンタービル」などを中心に飲食・食料品店主力の商店街が形成発展してゆきました。特筆すべきは昭和の大歌手「あこがれのハワイ航路?岡晴夫・本八幡居住」経営のクラブ「カラカス」があったこと、今や国民的なレストラン「サイゼリア」が昭和40年前半に1号店として創業したことです。個々の店主が日本経済の発展と共に良好になりわい、通りは賑わい、12月などの繁忙期となると人々がぶつかる位の人通りでした。

どこにでも栄枯盛衰あり、個々のお店の退店などの新陳代謝はありますが、シャッターが閉まっているところがほとんどないのがこの通りの売りです。

平成25年よりの商店街役員現体制(若返り)により、26年10月には商店会初の全体イベント「いちフェス」は総来場者7700名と望外の成功を収めました。 昨年よりは街路灯にフラッグを取り付け、管球LEDによりイメージチェンジが進行しております。

まだまだ今後も徐々ではありますが、着実に進化し、ご訪問者に商品・サービスはもとより、魅力を感じていただけるよう積極的に「仕掛けてゆく」商店街をめざします。

一番街からのお知らせ

商店街MAP

地図をクリックすると、お店紹介MAPのページにジャンプします。

八幡一番街商店会に加盟する各お店の情報にアクセスできます。
ぜひお試しください。

呑み処

食事処

買い物処

その他サービス